インデックス投資は運用コストが安い

インデックス投資は日経平均やTOPIXなどの市場の値動きに連動した数値を目指す運用方法ですので、比較的安定した成績を残しています。よく比較対象として挙げられるアクティブ投資は市場の値動きが上がっていても下がっていても、その平均値以上の成績を目指しています。その分あらゆる手法を使って運用を行うため、収益が出ても運用コストが高くなるというデメリットがあります。インデックス投資は市場の値動きに沿った銘柄を買うことを中心とした運用になるので、比較的コストが安く済みます。

コストについてもう少し詳しく見てみましょう。
インデックス投資は運用管理コストを安くすることができます。インデックス投資の場合、ファンドに組み込む銘柄を探す手間が少ないので、その分、人件費も掛からないからです。アクティブ投資の場合は市場の値動きより上回るために、それに見合う銘柄を探し出さなくてはなりません。そのために企業に訪問することもありますので、その分の人件費が上乗せされます。

しかし、インデックス投資の場合はその必要がなく、日経平均ならばその値動きに合わせた銘柄をファンドに組み込むだけでいいので、売買にあたっての手間が少ないのです。そのため、インデックス投資は投資家の負担する手数料が少なく済みます。

Author: admin | 10月 24th, 2014 | Posted in 投資情報 | No Comments »

シャープレシオからファンドを選ぶ

海外投資を行う時、何より重要になるのが投資先ファンドの選択です。そこでここでは、投資先ファンドを選ぶ場合にはどういった点に重点をおいて考えれば良いのか、ということについて紹介していきたいと思います。

ヘッジファンドを選ぶ時に見なければならないのが、「リスク」と「リターン」のバランスです。当然リターンが大きいほど良いファンドではあるのですが、取っているリスクが極端に高い場合には必ずしもその限りではありません。リスクを大きく取っているファンドは成功している時はいいですが、失敗すると手痛いしっぺ返しを食らうことになるためです。

この時参照するべきなのがシャープレシオです。シャープレシオというのはリスクを調整した上でリターンがどれ位出ているのかということを計測したもので、ポートフォリオを基準にして判断が為されています。
シャープレシオは数値が高いほど良いという明確でわかりやすい基準となるので、ファンドを選ぶ時にはまず候補それぞれのシャープレシオを見て比較するようにしましょう。

海外投資のファンドの選択に成功すれば多くのリターンが望めますが、失敗するとリスクに怯えながら投資を行わなければなります。それでは、投資自体の効果も薄れてしまうでしょう。

Author: admin | 10月 17th, 2014 | Posted in 投資情報 | No Comments »

基礎から分かる投資法 is proudly powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS).
Black & Green Theme Designed by Emir Savranogullari.

up